X-T9 WordPress Theme

フルサイト編集機能に対応した開発実験テーマ


新しいサイト編集体験へようこそ

WordPress テーマ X-T9 は、WordPress 5.9 から実装されたフルサイト編集機能に対応した「ブロックテーマ」と呼ばれる新しい形式のテーマです。
ヘッダーやフッターなど、今までのテーマではカスタマイズが難しかったエリアも簡単・柔軟にカスタマイズする事ができます。

このテーマについて

新しい時代のWordPressの実験テーマ

私はWordPress 5.9 で実装されたフルサイト編集機能(Full Site Editing、FSEとも)はとても素晴らしい未来に繋がると思っています。しかしながら開発途中で未完成な機能である事も事実です。

未完成であるが故にユーザーからは「よくわからん」「使い物にならん」「そっ閉じ」などと言われる事も多々あると思いますし、テーマ開発者の立場からしても、実際に触って試行錯誤してみないと、制作者・一般ユーザーに最適な形がわかりません。

WordPressのフルサイト編集機能もまだまだ仕様変更されますし、このテーマも実験用テーマなのでまだまだ仕様変更します。更に現実的に実務に耐えうるフルサイト編集用のブロックが足りないので、正直今の段階では受託の制作業務で使うのはおすすめしませんが、ブロックエディタと同じく慣れるとものすごく便利な世界に繋がりますし、僕はその世界は意外と近いと思い始めています。

テーマ開発者としてはこのテーマでいろいろ検証しつつ実用レベルのテーマ構成に仕上げていきたいと考えていますし、まだフルサイト編集に触れたことのない人あるいは触ったけどよくわからなかった人には、このテーマを通して「あ、なるほど、フルサイト編集ってこういう事なのね、面白いじゃない」と思うきっかけになったら嬉しいです。

※「実験用テーマ」という位置づけでスタートはしますが、設計上の致命的な問題に遭遇しなければそのままLightningの次の主力テーマになるかもしれません。

テーマ名称の由来について

新しい時代への挑戦

このテーマ X-T9(エックス・ティーナイン) という名前の由来は、アメリカのグラマン社が開発した航空機(実験機) X-29 から由来していますが、そのまま同じでは諸々都合の悪い事もありそうなので、Twenty Nine(29) を略して T9 としています。

戦闘機として一般に有名なのは、映画「トップ・ガン」に出てくる F14 や、航空自衛隊の主力戦闘機である F15 などがありますが、X-29はその次世代の航空機として1980年代に開発された機体の一つです。翼が前方に傾斜している「前進翼」を採用した未来への挑戦感あふれる独特のフォルムと、それがもたらす機動性能・空中戦闘力の高さは世界中の厨二病男子の心を鷲掴みにし、製造されたのはたった2機の実験機でしかないにも関わらず「名機」として愛され続けています。

しかしながら、X-29は良好な飛行結果を出しつつも、近代戦闘においてはレーダーに映らないステルス性の方が重要となったために、レーダー波を受け流しにくい前進翼は軍用機としては採用される事なく開発は終了しました。

と、ここまでくると、「え?それって、このテーマも良さそうに見えて結局駄目って事じゃないの?」という不吉な事に感づいてしまったそこのあなた。

いやいや、それはやってみないとわかりません。

この機体が世界中の厨二病男子の心を魅了したように、この WordPressテーマ X-T9も、僕はもちろんみなさんの心を踊らせるテーマにしていきたいと思っています。

※軍用機としての量産にはなりませんでしたが、カナード翼やデジタル・フライ・バイ・ワイヤ制御など、後の航空機の発展に大きく貢献しています。
※戦闘機の世界では X-29 の開発後、現在の主力戦闘機(自衛隊も順次配備中)である F35 “ライトニングII” へと時代は流れていきます。

PAGE TOP